02:ストレス対策・メンタル改善 03:ダイエット・筋トレ 05:目標達成

【危険】食べてはいけない「ヤバい」食べ物ワースト5と対策方法。監修:マコなり社長

投稿日:

 

意外な事実

体に悪いものというのは、世の中にありふれています。

知らず知らずの間に口に入れている人が少なくないです。

 

すると、どうなるか。

醜い体型になったり、

注意力が散漫な状態になったり、

疲れやすくなったり、

肌が荒れたり、

体調を崩したり、

と、良いことが一つもありません。

 

 

それと同時にやはり、恰幅が良い人は、

これらの食べ物に依存している傾向があります。

 

意識的に避けていれば、上記の問題は生じにくくなります

是非、毒を口に入れるものだという強い認識を持って行動していきましょう。

 

目次

序章:意外な事実

1:食べてはいけないワースト5

2:食べてはいけないものを食べない方法

3:まとめ+参照元情報

 

1:食べてはいけないワースト5

 

5位 揚げ物

高カロリーなので脂肪になりやすく、脳の機能を著しく低下させます。

唐揚げ、とんかつなどなど。

イチバン注意すべきはコンビニのホットスナック。ついつい買ってしまいがち。

 

4位 丼ぶり

親子丼、天丼、牛丼、など。

大人になってから、白いごはんでお腹をいっぱいにするはNG

高カロリーと糖質の塊。

せめて、サラダと味噌汁は付けましょう。

 

3位 ラーメン

油分、塩分が多い。野菜が少ない。

替え玉、大盛りは避けましょう。

 

2位 お菓子

チョコレート、クッキーなど。

おすすめは、ナッツを食すか、2割だけ食べる方法。

その前に、番外編 「甘いジュース」

ジュースも砂糖の塊なので、避けましょう。

流行りのタピオカミルクティーも糖質の塊。

 

1位 菓子パン

メロンパン、クリームパン、ジャムパン、アンパンなど。

これは砂糖がめちゃくちゃ入っていて軽いのがヤバい。

インスリンショックで集中力が低下。

400KCALの塊を食べていると自覚しよう。

 

イチバンヤバいのはドーナッツ

砂糖、小麦粉、チョコレートが大量。

 

 

2:食べてはいけないものを食べない方法

食べていけないことは、わかったけど、

でも、やめられる気がしない。

 

そんな声が聞こえてきそうなので、補足します。

 

そもそも、

人間というのは習慣によって行動しています。

過去の習慣を辞める行為は、脳が反発して、阻止するようにできているのです

 

目標を達成させるためには、

IFーTHENプランニングによる習慣術を使うと容易に達成ができます。

 

具体的に言うと、

1位の菓子パンを食べる習慣が染み付いてしまっているのであれば、

菓子パンを食べようと思う→菓子パンを食べる といういつもの思考から、

菓子パンを食べようと思う→ナッツを食べる と別のものにすり替えてしまうと良いということです。

 

 

詳細はこちらの記事を確認してください^^

これをやるだけで、簡単になりたい自分になれる最強習慣テクニック

 

 

3:まとめ

ヤバい食べ物は、

揚げ物、丼ぶり、ラーメン、お菓子、菓子パンである。

普段から食べていて、やめたいのであれば、

食べるのを辞めるのではなく、他のものに置き換えてしまうとうまくいく。

 

参照元

では、皆さんのハッピーライフを^^

関連記事

【超効率】稼ぎに特化の最短学習方法。起業ブログYoutubeも効果あり

もっと効率的に学習したい 無駄な行動はしたくない ノウハウコレクターになりなたくない 稼ぎに特化した学習をしたい という人に最適な記事です。   今回は上記のような、稼ぎに特化した学習法を解 …

面接は恋愛と一緒!?失敗を防ぐための6つの方法

面接がうまくいくか不安。 面接でうまくいかない。 数十社受けているのに落とされるなど 悩んでいる人は必見!!   プレゼンなど対人スキルでも幅広く活用できるので、 ぜひとも習得してみよう! …

【これで解決!!】先送りや完璧主義で自分を責めること

自分を責めてしまって、ネガティブループへ。 そして先延ばし、さらに自分を責める、、、 そんな経験はありませんか?   この記事はそんな方が、 自分らしく良いサイクルにいくための方法をおたえし …

なりたい自分になれる最強の目標達成テクニック〜if-then-planning〜

  自己啓発セミナーに行って、いつまでも成功しない人、変わろうとしても変われない人には、必見。成功と習慣は切っても切れない関係である。その重要な要素である習慣作りテクを解説する。 目次1:習 …

肥満は脳機能を低下させる〜痩せることで全てが好転する〜

体脂肪の多さに悩んでいる人はいないだろうか?もし該当するのなら、大いに損をしている。体脂肪が多いと認知機能も落ちていくという結果が出ているからだ。体脂肪が適度であれば挑戦力も高まる。食事や運動を試して …

-02:ストレス対策・メンタル改善, 03:ダイエット・筋トレ, 05:目標達成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA