04:人間関係・コミュニケーション

好かれる人と嫌われる人。嫌われないよう気にする人は損している。

投稿日:2019年5月10日 更新日:



嫌われたくないと思う人は多いではなかろうか?
しかし、その努力がほぼ意味がないことがわかった。


嫌われる勇気という本書もあるとおり、
嫌われてることを恐れていては、本当に築くべき人間関係を見失う。

今回は、嫌われることと好かれることに関する解説をしていく。

目次
1:嫌われることと好かれることの要因
2:実験結果
3:まとめ

1:嫌われることと好かれることの要因

実は、嫌われる要素は様々であり、相関がない。
例えば、気が短い、口調、他癖など。

それに対して、好かれる要素というのは、だいたい同じであることがわかっている。
例えば、親切だから、みんなに好かれるなど。

ということは、
嫌われないように対策してもそもそも防ぎきれないので、
好かれる要素を伸ばした方が効率が良いではないか。
ということが結論付けられる。

2:実験結果

有名人15人をピックアップし、
「真面目」「気が短い」「親切」など30もの性格項目の当てはまるものを選んでもらうという実験をした。

結果としては、
好意を持っている人たちの間では、
だいたい同じ形容詞になり、相関係数0.67という結果がでた。

好きでも嫌いでもないという人は、相関係数0.44

嫌っている人たちは相関係数0.33となった。
つまり嫌われている人の要因はみなバラバラだったということ。

3:まとめ

人に好かれる理由はだいたい同じで、
嫌われる理由はバラバラである。

となると、嫌われないようにと努力しても、
他の要因で勝手に嫌われる。
しかも、完全に嫌われる要因を潰したとしても、
好かれるわけでもない。嫌われなくなっただけ。
つまり、嫌い → 普通 になっただけ。

好かれる要素は皆だいたい一致しているので、
ここの部分を一点伸ばした方が効率よく良い関係を築けるというロジック。

周りの人間を変えると人生が変わるという結果も出ているので、
しっかり取り組んでいこう。

関連記事

新事実!他人を思い通りにコントロールする5つの心理学と7つの共有事項

皆さんは、他人にアドバイスをしても全く聞く耳も持ってもらえない、 なんてことはありますか? 今回は、他人をコントロールする方法を説明します 目次 1:他人をコントロールするのが難しい理由 2:他人の悪 …

知らないと損。集中力を高めるための8つのタイプ診断〜自分を知ることで能力を開花〜

なかなかやろうと思っていることが進まない、 集中力が持続しない、 やる気が湧かない。 などと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 そもそも集中力とは、1点の物事に高いレベルの意識で取り組む力。 集 …

週刊誌が嘘をついても成り立つ理由はyoutuberにも多いサイコパスだった!?

松本人志さんの件しかり、 週刊誌が平然と嘘をついている状況に疑問を持ちませんか? なぜそれで成り立っているのか? 解説していきます。 目次: 1:週刊誌が平然と嘘をつく理由 2:マスメディアの嘘のつき …

【脱フュージョン】今すぐネガティブ感情に振り回されない2つのワーク

  ・ネガティブ感情にとらわれてしまう人 ・感情的に行動してしまい後悔してしまう人 ・感情に左右されずに、本当にやりたいことをやりたい人 必見の内容です^^   仕事や人間関係など …

カリスマになるためのトレーニング〜実は後天的に身につけられる

  初対面から得する人といえば、切っても切れない関係なものは、カリスマ性である。カリスマ性が高い人は、対人的魅力が高く、初対面でも以降でもかなり得する事がわかっている。カリスマ性と言うと、先 …

-04:人間関係・コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA