01:睡眠 02:ストレス対策・メンタル改善

【睡眠改善】枕は効果がない!?質を落とさず睡眠時間を減らす2つの方法

投稿日:

睡眠を疎かにしていると、
ガンや、心臓疾患、認知症のリスクが上がります

今回は、

睡眠時間を質を上げて時間を減らすにはどうしたらいいのか?
ショートスリーパーになれるのか?

など、睡眠のタイプの解説と、
睡眠改善方法について解説していきます。

 

目次

1:3つのスリーパー

2:ショートスリーパーとは

3:現代と睡眠について

4:睡眠の質をあげるには?

1:3つのスリーパー

スリーパーは3つのタイプが存在する。

・ショートスリーパー(6時間未満)

・バリアブルスリーパー(6〜10時間)

・ロングスリーパー(10時間以上)

バリアブルスリーパーは全体のうち8割を占めている。

 

2:ショートスリーパーとは

これは遺伝子変異によって生じるものである。

故に、もともとバリアブルスリーパーの人が突如としてショートスリーパーになるということはない。

割合としては、10万人に4人というレベルである。

 

ショートスリーパーの人の特徴としては、

・普通の人より楽観的

・普通の人よりアクティブ

・痛みに強い

・時差ボケにならない

・少ない睡眠時間のほうが調子が良い

である。

 

3:現代と睡眠について

現代人の大半は、睡眠不足に陥っている。

睡眠不足によって生じるものは、

・心臓疾患

・ガン

・認知症

・免疫力の低下

・メタボリックシンドローム

である。ぜひ気をつけよう。

 

4:睡眠の質をあげるためには?

ショートスリーパーじゃない人は、ショートスリーパーになれないが、

バリアブルでもロングスリーパーでも、

睡眠の質をあげることで睡眠時間をへらすことは可能である。

ここで効果的な方法を2つしめします。

 

1,メラトニンを取る

朝日を浴びることでメラトニンを取ることができるが、

補助として、メラトニンのサプリを取るのも効果的。

5mg/日以下であれば最も効果が出やすい。

 

2,重いブランケット(7kg)を使う

マットレスや枕を上質なものにすることによって睡眠の質が上がるデータは実はない。

それよりも、重いブランケット(7kg)を使うことで睡眠の質がぐっと上がることがわかっている

 

5:まとめ

ショートスリーパーは遺伝変異に起きるものなのでなれるものではない。

睡眠を疎かにすると、心臓疾患や認知症などのリスクがある。

睡眠時間を減らしたいならば、質を上げるべき。

オススメは、メラトニンの摂取と重いブランケットの使用である。

 

おすすめ記事

【睡眠改善】快眠を獲得するための7つのルール

関連記事

【湧き出る集中力】ハイパフォーマンスになる10のテクニック

皆さんは、集中力がなかなか続かず困っとことはないでしょうか? 集中力が高ければ、物事を素早く完了させることができます。 けれど、スマホなどの誘惑に負けて集中力の糸が切れたりするは誰でも経験はあるのでは …

記憶と睡眠の関係〜これであなたも記憶マスター〜

仕事のスキルにしても、読んだ本にしても、せっかく学習したのなら忘れにくくしたいと思う。今回は記憶マスターになるための、記憶と睡眠の関係を解説する解説する 目次1:睡眠と学習の関係2:とある実験3:まと …

不安とストレスを推進力にする方法〜弱い自分とはさようなら〜

不安、ストレス、恐怖、挑戦に対する恐怖、漠然とした不安、周りに対する焦りなどなどたくさん感じることがあるだろう。今回はストレスをアドレナリンに変えて、挑戦していける思考を解説する。 目次1:ストレスの …

完璧主義は決して完璧に至らない。〜負のスパイラルから抜け出す方法〜

  完璧主義というと、どういうイメージを持つだろうか。完璧に物事をこなして、イケイケな人を想像するだろうか。実は、完璧主義の人は最悪な状況になっていくことがわかっている。 しかも現代人は特に …

強靭メンタルにするための10のメンタルエクササイズ

  この世には、メンタルが強い人と弱い人の2種類がいる。メンタルが弱い人というのは、緊張しやすい人やすぐに怒ったりする人などを指す。要は、感情が不安定な人であると言える。感情が不安定であると …

-01:睡眠, 02:ストレス対策・メンタル改善

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA