20:ゴルフ

ゴルフ未経験者が楽しむために必要なガイド

投稿日:2019年5月2日 更新日:

4:ゴルフに必要なもののコストと解説


ゴルフに必要な道具をつらつらと書いたので、多いなぁと思った人もいるかもしれないが、特に問題はないと思っている。
というのは、初期時点では本格的な物を揃える必要がないからだ。

ざっとどのように準備すれば良いのかを書いていく。

・ウェア(上下)

ゴルフ専門店に行くと、結構な値段する。
それは有名メーカーの服が多いからである。
特にこだわりがないのであれば、ユニクロでの購入で十分。
ポロシャツ(上)とチノパン(下)の組み合わせでラウンドは可能。手っ取り早く調達したいのであれば、このような選択も考慮して見ると良い。

ゴルフクラブ

こちらも有名メーカーで揃えてしまうと、ものすごいコストがかかってしまう。しかし、初心者の場合は、そもそもゴルフを今後、継続するかどうか定かではないことと、初心者が有名メーカーのクラブを購入したところで使いこなせない(良さがわからない)ことがほとんどなので、安価な初心者セット(フルセットではなくハーフセット)で、試して見るのが良い。
ゴルフをやって見て、本格的にゴルフをやろうと決意したのであれば、ちゃんとしたクラブを購入していくという流れの方が、やらなくなったときのリスクも少ない。

キャディーバッグ

こちらのゴルフクラブでの初心者セットに付属してくるのがほとんどなので特に気にすることはない。

ボール/ティー/グローブ

こちらは小物かつ消耗品であるため、そもそも単価は低い。
さらにこだわりがないのであれば、ボールに関しては、ロストボールという安価なボールでの使用で十分である。
どんどん上手くなってから、こだわりを持っても全然遅くはない。
そちらの選択の方が無駄がない。

スパイクシューズ

こちらは、安全にゴルフをラウンドするのに必要なアイテムである。足裏にトゲトゲとしたスパイクがあるものを推奨する。
理由としては、踏ん張りが効きやすく、かつ斜面でも安定するためだ。個人的には、ここにおいては、初心者の時点でもある程度はこだわった方が良い気がする。

バッグ

ボストンバッグを使用する。
ウェアや、ゴルフシューズを格納するバッグである。
基本はゴルフ場のロッカルームに置いておく。
個人的には、ただロッカーに格納しているだけのバッグなので、ボストンバッグである必要はない気はする。
現に学生ゴルファーの場合は、自由なバッグで入場する人もいる。

マイカー

ゴルフ場に行くために必要なものである。
もし所有していない場合は、一緒にラウンドするメンバーに同乗させてもらうのも一つの手である。
ただし負担の面を考慮するならば、同乗する人の出発地点と近い方が好ましい。

ゴルフを楽しむ気持ち

ゴルフに限らずではあるが、嫌嫌取り組んでしまっては、楽しいはずのスポーツも全く楽しめない。
初めての場合は不安な気持ちが先行するかもしれないが、ちゃんとした指導者同行のもと、ラウンドするのであれば全く問題はない。

補足するのあれば、まず自分を楽しむためには、周りに迷惑はかけない意識していれば良いと思う。
例えば、

ミスショットしてはタラタラと動くというのではなく、機敏に動いて周りに必要以上に待たせたりさせないとか。
ティーグランドでショットする直前は、騒がないなど。

そういう心配りは気持よく楽しくプレーするためには必要なことと思う。細かく書くと沢山あるので、同行する指導者に具体的な行動は確認すれば良い。




指導者(初心者に限る)

一人で闇雲にプレーするのは、非効率。
指導者をつけて、適切な方法で、間違いのない知識で、行動した方が思うような成果は出やすい
特に初めてゴルフ場に行った場合は、全体の流れや細かいルール等はさっぱりわからないと思うので、しっかりと理解している指導者はマストである。

他、必要経費としては、
ラウンド費がある。
休日料金の場合は高いところは2万ほどするが、
平日料金となると半額以下となることが多い。
そのため、平日休みにしてラウンドすると安く抑えることができる。

 

5:まず何からやってみればよいのか?


同僚や友達、親などなど身近にゴルフをしている人を見つける。
(年齢問わず、探してみるとゴルファーは沢山いる)

ゴルフ練習場に連れて行ってもらう。

ゴルフ練習場であれば、バッティングセンターのような感覚で行くことも可能であるし、クラブはなくても借りられることができる。(一応事前にレンタル可能かは確認して置いた方が好ましい)
レンタルできない場合でも指導者から借りることも可能である。




ゴルフ練習場に行くと、ざっくりとではあるがゴルフというものを理解することができるので、ここの時点で興味が湧いたのであれば、ゴルフクラブの購入を推奨する。
→ コースデビューに備えて、購入したクラブで練習場で試し打ちをし、自分のクラブに慣れておく。

だんだんと、思った方向に力強く飛ばすことができるようになったのならば、他必要なゴルフ道具を購入し、コースデビューする。

最初は指導者同伴を推奨

以降は、さらにレベルを高めても良し友達と気晴らしにゴルフするも良し、好きにやっていけば良いと思う。

いかがだろうか?
少しでもゴルフに興味を持ってもらえたのであれば、幸いである。

 

 

 


> 前のページへ 

関連記事

ゴルフ練習場のシステムとおすすめの練習法

  ゴルフ練習場のシステムは大きく分けて2つのパターンが存在する。また、それぞれの特徴を理解し、どのような目的で行くと良いかを解説する。 こんな人におすすめ:・ゴルフ練習場に行ってみたいと思 …

【PGAゴルフ直伝】スイング後半の正しい動きと最適な練習方法。スイングプレーンの矯正と改善

悩めるゴルファーのレッスン。 今回はスイング大改善の後半戦!   これでスイングが安定し打球も安定する。 しっかりとスイングプレーンを意識しよう!   スイング前半の記事はこちらを …

【PGAプロ直伝上達法】元ゴルフ部がゴルフスクールに入会!!初心者〜上級者向

  まずは簡単に自己紹介 大学時代はゴルフ部に所属。大会にも出場経験あり。 しかし、しっかりとゴルフの基礎を学べたかと言うと少し疑問がある。 というのは指導者が先輩(複数いた)で、各々スタン …

【PGAゴルフ直伝】失敗の少ない安定性抜群なランニングアプローチ

ぺんぺん いつもアプローチで失敗しちゃうんだ。 どうすればいいのかな? 失敗しにくいアプローチがあるわよ。 ぺんちゃん ぺんぺん どんなアプローチ? 転がすアプローチ。ランニングアプローチって言うの。 …

ゴルフの飛ばし屋が、必ずしもスコアが良いとは限らない。スコアアップのための3要素

  ゴルフをやっている人もそうでない人も、スコアを良くしたいと思っている人は多いと思う。単純に飛距離が伸ばせるようになればよいのか!と、思うかもしれないが、それだけでは足りない。飛距離が出る …

-20:ゴルフ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA