04:人間関係・コミュニケーション 12:ビジネス

やる気の出ない職場はエンゲージメントが原因だった!?部下をやる気にさせる方法

投稿日:2019年10月3日 更新日:

職場でどうもやる気になれない、

部下がやる気になってもらえない、

という人は必見。

 

職場をやる気に満ちた場所にする方法を解説します。

 

目次

1:職場環境とやるきについて

2:エンゲージメントが高いほどやる気になる

3:部下を手っ取り早くやる気にさせるには?

4:エンゲージメントを高めるためには?

5:エンゲージメントを高めやすい性格

6:部下をやる気にさせるには?

7:ずるをしない環境をつくるには?

8:まとめ

 

1:職場とやる気について

職場をやる気にさせるには、組織全体が働きやすい環境にすることが大事である。

正直なところ、気合ではなんともならない部分が大きい

部下をやる気にさせるためにも、フェラーリに乗るために頑張らせようとしても響かない。

なぜなら今の若者には興味がないから。

そのあたりの価値観をしっかりと認識しておく必要があるだろう。

 

またモチベーションは湧かせるのではなく湧いてくるが正しい。

ずるをする人、出世するために周りを陥れる人、目を離したときに仕事を止める人、

そうならないようにしっかりと部下をやる気にさせられうように、以下項目をしっかりと読んで実践してみましょう。

 

2:エンゲージメントが高いほどやる気が上がる

やる気を上げるためにエンゲージメントが最も重要になってくる。

エンゲージメントというのは、目の前の作業に没頭しやすい環境を指す。

過去仕事をする上で、やたら捗る場所が合ったと思う。

それはエンゲージメントが高いといえる。

 

逆に雑念ばかりで集中しきれないなら周りを見てみよう。

おそらく散らかった状態の可能性がある。

 

3:部下を手っ取り早くやる気にさせるには?

やる気というのは波及をする性質がある。

つまり、やる気のない人間をやる気に満ちている人間と組ませて仕事させるのが、手っ取り早い方法でもある。

ここで注意すべきは、

仕事の担当と成果を明確にしておくこと。

これは、やる気のない人が、やる気のある人の分の成果を自分のものにしようとするのを防ぐためだ。

やる気のない人も、否が応でもやる気のある人と比べられるので、やる気にならざるを得ない状況になる。

 

4:エンゲージメントを高めるためには?

エンゲージメントを高めるためには、

・有意義な仕事を与える

・裁量権を与える

がキーとなる。

 

コピーの仕事をいつまでもやらせていても、

有意義な仕事とは感じられず、エンゲージは高まらない。

 

あとは、給与に公平性をもたせるのもエンゲージメントを高めるコツである。

給与の高さではなく、公平性であることがポイントである。

続きを読むを押すと、
エンゲージメントを高めやすい性格、
部下をやる気にさせる方法
ずるしない環境にするための方法を確認出来ます。

> 続きを読む 

関連記事

【衝撃】能力をレベルアップさせるアプリDNBを紹介!実際に4ヶ月継続した体験から効果とコツを紹介

唯一効果があるとされている脳トレ「Dual N Back」。 短期記憶力である脳の「ワーキングメモリ向上」を得ることができる脳トレである。 ワーキングメモリをあげることによる効果は、 ・集中力UP ・ …

no image

好かれる人と嫌われる人。嫌われないよう気にする人は損している。

嫌われたくないと思う人は多いではなかろうか?しかし、その努力がほぼ意味がないことがわかった。 嫌われる勇気という本書もあるとおり、嫌われてることを恐れていては、本当に築くべき人間関係を見失う。今回は、 …

満員電車は戦場の機動隊以上のストレスがかかる!?健康に生きるための6つのこと

ストレスがたまっている、 不健康な生活を送っている、 健康になりたいが何していいのか分からない、 などと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。   自分の体というのは、一生乗り続ける取り替 …

【人間心理】裏切る人と信頼できる人を見抜くコツ

信頼できる人がわからない、いない。信頼したいが、どうして良いかわからないという人は必見。様々な実験から信頼について解説していく   目次1:信頼の原理2:様々な実験3:まとめ 1:信頼の原理 …

行動力ある椎原崇さんも実践!?揺るがない最強の自信をつける7つの方法 〜不安、失敗の恐怖からの脱出〜

皆さんは挑戦が怖いでしょうか? 失敗が恐ろしいでしょうか? 今回は、失敗してもへこたれない、強い心を持ち、 人生を切り開いていく力をつける方法について解説していきます。   目次 1:失敗を …

-04:人間関係・コミュニケーション, 12:ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA