05:目標達成

やりたいことをやる力〜怠ける自分からおさらばにするには〜

投稿日:2019年5月12日 更新日:

目標達成と怠けグセは切っても切れない関係にある。
怠けグセを制すものは、人生を制すと言っても過言でないだろう。

ただ、怠け癖を撃退する方法といっても万能なものは存在しない。
全ての料理に醤油をかけないのと同じだろう。

実は、怠け癖撃退のために締め切り設定は効果が薄い

そのため、効果のある考え方を解説をしていく。

目次
1:とある実験の結果
2:まとめ

 

1:とある実験の結果

まず物事には2つの考え方がある。


1つは、抽象的な考えである。
将来はこういう感じの仕事をしているだろうな。
と、なんとなくのビジョンをイメージするもの。

2つは、具体的な考え方である。
AやってBやってCやってと、具体的な行動そのもの。
料理ならレシピをしっかりみるなど。

とあるところで、
こんな実験がされた。

内容はこうである。

被験者を美術館に誘導し、
展示物の感想を送るまでの日数を計測するというものだ。



ここで2つの群に分ける。

1つは、何だかありがたそうな抽象的な説明をする群と
2つは、絵の書き方とか細かい具体的な説明をする群に分けた。


結果としては、感想を送るまでにかかる日数は
前者は20.5日、後者は12.5日

であった。

つまり、具体的な考えをさせた群の方が行動が早かったことになる。

であれば、計画は全て具体的が良いかと。。。


なんと、実はそうではない。


長期計画や大きな目標に関しては抽象思考の方が良いとされている。
なぜなら1年分ほどの先を想定できる人はいないので、
何かしらトラブル等あった時にモチベーションを維持することが困難になるからだ。
いわゆる抽象的思考はコンパスのようなものだ
向き先を示している。

ただ、行動ができなければ達成もできないので、
モチベーションが下がった時には、具体的な行動にフォーカスすることがBESTである。

 

2:まとめ

大きな目標を立てる際には、
具体的ではなく、抽象的にする。

モチベーションが下がってきた時には、
具体的な物事に集中すると良い。

詳細を知りたい人は、以下をチェックすることを推奨。
崩壊しない目標の達成の仕方〜計画やモチベUP術〜

 

 

関連記事

人生を好転させる”質問力”〜人生イージーモードへの一歩〜

  仕事でもプライベートでもありとあらゆる場面で、 心得ているとかなり得することがある。 それは”質問力”である。 今回は、質問に関して、 良い例と悪い例を交えて、人生を好転させていける質問 …

ミランダ・カーも実践しているマインドフルネスでイライラ不安からおさらば

ミランダ・カーも実践しているマインドフルネスについて、 筆者が半年間実践していった経験を活かして、 具体的なやり方や、感じた効果について記載していきます。   目次 1:マインドフルネスとは …

【衝撃】能力をレベルアップさせるアプリDNBを紹介!実際に4ヶ月継続した体験から効果とコツを紹介

唯一効果があるとされている脳トレ「Dual N Back」。 短期記憶力である脳の「ワーキングメモリ向上」を得ることができる脳トレである。 ワーキングメモリをあげることによる効果は、 ・集中力UP ・ …

実は嘘だった!?1万時間の法則の真実。短期記憶力であるワーキングメモリを鍛えるべき。

ある1つの分野でトッププロになるために必要な練習時間である、 1万時間の法則は、実は嘘であることがわかった。   実は、天才は凡人よりも費やす時間が少ない。   では、1万時間費や …

【最新研究】将来年収が低くなるor高くなる子育て

子育ての際に、 将来の年収が低くなる特徴と 高くなる子育てと、 年収を高くするための方法 ついて解説していきます。   目次 1:年収が低い人の特徴 2:年収が高い人の特徴 3:年収が高くな …

-05:目標達成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA