11:アンチエイジング・美容

若肌の条件は3つ!?水と野菜がススメ!老け対策。

投稿日:2019年9月10日 更新日:

皆さんは、実年齢より老けて見られたりしますか?

今回は若肌になるための方法について解説します。

若肌と脳年齢は直結しているので、
実年齢相当に見られる人も効果があります!

では行きます!

目次:

1:若肌になるためのスキンケア

2:食べると老けるやばい食べ物

3:食べて若返る食べ物

4:簡単に若肌になる方法

5:まとめ

1:若肌になるためのスキンケア

若肌になるためにはスキンケアは欠かせない。

若くみえる人ほどモテるという研究もあるので、ぜひ早いうちから対策しよう。

高級化粧品を使えば効果があると思い込みがちだが、本質的には全く意味がない。

正しいスキンケアの方法を理解しよう。

 

スキンケアの方法は主に3つ。

・保湿をする(ココナッツオイルorワセリン)

・紫外線対策

・レチノール

とは言っても、スキンケアは暫定対応でしかない。
しっかりと若肌になるためには内部から対策をする必要がある。

そのため、上記3つをやった上で、次項以降の食事についてしっかりと理解しよう。

2:食べると老けるやばい食べ物

食べるとやばいものは、

・精製糖(これは一番やばい)

・乳製品

・オメガシックス脂肪酸

・ファーストフード

・加工肉

である。

これらを積極的に取っている人は、ニキビが増え、皮脂が増え、

若肌とはどんどん遠ざかっていく。

 

精製糖は、インシュリンの増加と男性ホルモンの増加と成長因子の増加が起きる。
結果肌細胞の異常な増加と皮脂の分泌が起き、どんどん老けていく。

乳製品も成長因子が増加してニキビ発生の原因になる。
ホエイプロテインも対象となるが、タンパク質が多いためさほど気にすることはない。

オメガシックス脂肪酸は炎症が促進する効果がある。

ちなみに、ファーストフード等の高脂肪食は、見た目が老けていくだけでなく、
行動自体もどんどん怠惰になってしまうので、ぜひとも気をつけよう。

3:食べて若返る食べ物

結論から言うと、

野菜とフルーツである。

摂取する量は9サービング/日ほど。

ちなみに1サービングは240mlなので、9サービングは2160mlとなる。

そう、かなりの量だ。

80歳の人を対象に、若返り実験を行なった結果、しっかりと効果を確認できている。
それほど、野菜を摂取するというのは若返りに効果があること示している。
見た目年齢は-5歳。脳は11歳若返るという結果が出ている。

 

オススメは、葉物野菜メインにすること。

その中でも

・ほうれん草

・ケールorブロッコリー

・レタス

がもっとも効果があるのでオススメ

要は、これを1日に大盛り2杯とフルーツ2つ摂取するペースを維持すればOK

4:簡単に若肌になる方法

加えて、もっと手軽に若肌になる方法もお伝えする。

それはシンプルに水を飲むだけ。

ペースとしては、1〜2時間にコップ一杯の水を摂取するだけ。

化粧水を外部から塗布するよりも圧倒的に効果がある。

5:まとめ

若肌になるためには、

スキンケアとしては、

・保湿をする

・紫外線対策をする

・レチノールを使う

内部の対策としては、

1日大盛りの野菜を2杯とフルーツ2つを摂取する。

 

日常の対策としては、

1〜2時間おきに水を摂取する。

関連記事

【美肌対策】効果が高い食材12選 〜肌老化とは無縁な生活に〜

皆さん、しっかりと美肌対策はしていますか? 実は、化粧水などの外からの対策だけでは不十分です。 内側からもしっかりと対策をすることで高い効果を得ることができます! その中でも効果の高い12の食材を解説 …

-11:アンチエイジング・美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA