04:人間関係・コミュニケーション

好かれる人と嫌われる人。嫌われないよう気にする人は損している。

投稿日:2019年5月10日 更新日:



嫌われたくないと思う人は多いではなかろうか?
しかし、その努力がほぼ意味がないことがわかった。


嫌われる勇気という本書もあるとおり、
嫌われてることを恐れていては、本当に築くべき人間関係を見失う。

今回は、嫌われることと好かれることに関する解説をしていく。

目次
1:嫌われることと好かれることの要因
2:実験結果
3:まとめ

1:嫌われることと好かれることの要因

実は、嫌われる要素は様々であり、相関がない。
例えば、気が短い、口調、他癖など。

それに対して、好かれる要素というのは、だいたい同じであることがわかっている。
例えば、親切だから、みんなに好かれるなど。

ということは、
嫌われないように対策してもそもそも防ぎきれないので、
好かれる要素を伸ばした方が効率が良いではないか。
ということが結論付けられる。

2:実験結果

有名人15人をピックアップし、
「真面目」「気が短い」「親切」など30もの性格項目の当てはまるものを選んでもらうという実験をした。

結果としては、
好意を持っている人たちの間では、
だいたい同じ形容詞になり、相関係数0.67という結果がでた。

好きでも嫌いでもないという人は、相関係数0.44

嫌っている人たちは相関係数0.33となった。
つまり嫌われている人の要因はみなバラバラだったということ。

3:まとめ

人に好かれる理由はだいたい同じで、
嫌われる理由はバラバラである。

となると、嫌われないようにと努力しても、
他の要因で勝手に嫌われる。
しかも、完全に嫌われる要因を潰したとしても、
好かれるわけでもない。嫌われなくなっただけ。
つまり、嫌い → 普通 になっただけ。

好かれる要素は皆だいたい一致しているので、
ここの部分を一点伸ばした方が効率よく良い関係を築けるというロジック。

周りの人間を変えると人生が変わるという結果も出ているので、
しっかり取り組んでいこう。

関連記事

【新事実】引き寄せの法則は嘘だった!?本当の正しい使い方

望めば望むほど叶うという引き寄せの法則。 実は最近の研究結果から嘘であるということがわかった。   引き寄せの法則ではなくとも、 目標や夢を叶えるには正しい方法があります。   で …

内向的人間の真骨頂〜むしろ成功しやすい〜

内向的な人は成功できないとお思いだろうか? 実はそんなことは一切ない。 内向的人間の方がポテンシャルが高いことがわかっている。使い方を理解できていないだけである。内向的人間に外向的要素を習得するだけで …

家でゴロゴロして自己嫌悪〜悪癖を治しストレスフリーになる最強の7つテクニック〜

家でゴロゴロしてしまったり 動画をダラダラ見てしまったり、 暴飲暴食をしてしまったりする、悪い癖を直したい人に役立つ記事です。   悪い癖をやめられば、ストレスからも開放され、 健康にもなり …

【失恋対策】復縁を成功させるために意識する2つのこと 〜でもオススメはしない〜

恋人にフラれてしまった人 気持ちが落ち込んでいる人 復縁をしたい人 恋人を忘れたい人 にためになる記事です。   目次 1:復縁をする方法 2:復縁をおすすめしない理由 3:恋人を忘れる方法 …

【女性は簡単】印象を操作し人間関係を良くする方法4つ

第一印象を良くしたい いつも印象が悪いと思われがち 印象良くしたくても何をしたら良いのかわからない この方に役立つ記事です。   印象を良くするだけでも人間関係が良好になります。 ぜひトライ …

-04:人間関係・コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA