04:人間関係・コミュニケーション

好かれる人と嫌われる人。嫌われないよう気にする人は損している。

投稿日:2019年5月10日 更新日:



嫌われたくないと思う人は多いではなかろうか?
しかし、その努力がほぼ意味がないことがわかった。


嫌われる勇気という本書もあるとおり、
嫌われてることを恐れていては、本当に築くべき人間関係を見失う。

今回は、嫌われることと好かれることに関する解説をしていく。

目次
1:嫌われることと好かれることの要因
2:実験結果
3:まとめ

1:嫌われることと好かれることの要因

実は、嫌われる要素は様々であり、相関がない。
例えば、気が短い、口調、他癖など。

それに対して、好かれる要素というのは、だいたい同じであることがわかっている。
例えば、親切だから、みんなに好かれるなど。

ということは、
嫌われないように対策してもそもそも防ぎきれないので、
好かれる要素を伸ばした方が効率が良いではないか。
ということが結論付けられる。

2:実験結果

有名人15人をピックアップし、
「真面目」「気が短い」「親切」など30もの性格項目の当てはまるものを選んでもらうという実験をした。

結果としては、
好意を持っている人たちの間では、
だいたい同じ形容詞になり、相関係数0.67という結果がでた。

好きでも嫌いでもないという人は、相関係数0.44

嫌っている人たちは相関係数0.33となった。
つまり嫌われている人の要因はみなバラバラだったということ。

3:まとめ

人に好かれる理由はだいたい同じで、
嫌われる理由はバラバラである。

となると、嫌われないようにと努力しても、
他の要因で勝手に嫌われる。
しかも、完全に嫌われる要因を潰したとしても、
好かれるわけでもない。嫌われなくなっただけ。
つまり、嫌い → 普通 になっただけ。

好かれる要素は皆だいたい一致しているので、
ここの部分を一点伸ばした方が効率よく良い関係を築けるというロジック。

周りの人間を変えると人生が変わるという結果も出ているので、
しっかり取り組んでいこう。

関連記事

【衝撃】能力をレベルアップさせるアプリDNBを紹介!実際に4ヶ月継続した体験から効果とコツを紹介

唯一効果があるとされている脳トレ「Dual N Back」。 短期記憶力である脳の「ワーキングメモリ向上」を得ることができる脳トレである。 ワーキングメモリをあげることによる効果は、 ・集中力UP ・ …

人生損する”良い人”からの脱却方法〜好循環スパイラルへの転換〜

良い人過ぎて人生損している人いませんか? 自分を偽っていい人を演じている、 そんな自分に対して疲弊している、 いつも自分の時間があまりない。など   そんな人に必見!人生損する良い人から、 …

【最新研究】意志力・集中力を減らさない5つの極意〜むしろ使う程強化されていく〜

意志力・集中力というのは使えば使うだけ消耗していくとお思いでしょうか? 実はそんなことはありません。   人間は無限の集中力・意志力を発揮することができるのです。 減らない意志力を手に入れら …

これをやるだけで、簡単になりたい自分になれる最強習慣テクニック

やることでグンと成長ができるのに辛すぎて継続ができない。 そんなことは皆さんは経験ありませんか? ダイエット、語学学習、資格取得、ビジネス、読書、etc 今回はそんなことをすんなりとやれる自分、継続で …

面接は恋愛と一緒!?失敗を防ぐための6つの方法

面接がうまくいくか不安。 面接でうまくいかない。 数十社受けているのに落とされるなど 悩んでいる人は必見!!   プレゼンなど対人スキルでも幅広く活用できるので、 ぜひとも習得してみよう! …

-04:人間関係・コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA