01:睡眠 07:勉強法

記憶と睡眠の関係〜これであなたも記憶マスター〜

投稿日:2019年5月24日 更新日:

仕事のスキルにしても、
読んだ本にしても、せっかく学習したのなら忘れにくくしたいと思う。

今回は記憶マスターになるための、記憶と睡眠の関係を解説する解説する

目次
1:睡眠と学習の関係
2:とある実験
3:まとめ

 

 

1:睡眠と学習の関係

一般的に、学習後に睡眠をとると思考が整理されてしっかりと記憶されると言われている。

今回はその事柄について、実験された研究があるので紹介する。

 

2:とある実験

被験者にスワヒリ語という難解な言語の習得するように指示した。
その際に2つの群に分けた。

1つは、午前も午後も休憩なしでぶっ通しで学習した群。
2つは、午前と午後の間に昼寝挟んで学習した群。

結果からいうと、昼寝を挟んだ群が2倍良い結果を出していた
つまり、一般的に言われる夜寝る前にとる睡眠以外に、
中途半端で寝ることも記憶に大きく影響するということがわかる。



なぜかというと、人間は一度に学習できるキャパは決まっているからである。


筋トレに例えるなら、

ベンチプレス100kgを10回5セットを休憩挟みながらはできるけど、
ぶっ通しではできないようなものである。

もちろん学習も同じである。
午前中に学んだことを昼寝によって、リセットするとができ、
午後の学習に備えることができるということ。

昼寝と記したが、瞑想でもなんでも、
何もしない時間を意図的に作るというのが思考整理を促進する。

学生向けにヒントをいうと、
基礎学習を先にやって、昼寝を挟み、その後に応用を実践するというのは効率的な学習であると言える。

3:まとめ

ぶっ通しで学習するのではなく、意図的に何もしない時間を挟もう。
それにより、思考が整理され記憶に定着される。

記憶力に関しては以下の記事にも詳しく書いてあります。

【脳力開発】集中力と記憶力を跳ね上げる4つの方法

関連記事

【睡眠改善】枕は効果がない!?質を落とさず睡眠時間を減らす2つの方法

睡眠を疎かにしていると、 ガンや、心臓疾患、認知症のリスクが上がります。 今回は、 睡眠時間を質を上げて時間を減らすにはどうしたらいいのか? ショートスリーパーになれるのか? など、睡眠のタイプの解説 …

【脳力開発】集中力と記憶力を跳ね上げる4つの方法

  何か物事に取り組むときや、読書や、資格勉強などなどなかなか思うように進まなくて苦労する人はいないだろうか。なんとあることをすると記憶力と記憶力を跳ね上げることがわかっている。 目次1:記 …

【超効率】稼ぎに特化の最短学習方法。起業ブログYoutubeも効果あり

もっと効率的に学習したい 無駄な行動はしたくない ノウハウコレクターになりなたくない 稼ぎに特化した学習をしたい という人に最適な記事です。   今回は上記のような、稼ぎに特化した学習法を解 …

ノート術〜バッチリ記憶する方法〜

みなさんは何かを学習する時にノートはとるだろうか?取っている人も取っていない人も必見!ノートを取ると言っても様々なとりかたがあるし、どれがどのくらい効果があるのかの方法などを詳しく解説していきます。 …

ほんの少しの工夫で気持ちのよい目覚めを獲得するための方法

  皆さんは、目覚めの時は普段どうだろうか。 目覚めは最悪。全然気持ちの良い朝をむかえたことがない。 という人は一定数いるのではないかと思う。 今回は、筆者がやってみて抜群に効果があった、気 …

-01:睡眠, 07:勉強法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA