04:人間関係・コミュニケーション

【人間関係改善】幸せになるための友人選び

投稿日:2019年5月10日 更新日:

友人や周りにいる人にというのはとても大切です。
というのは、自分への影響度がても大きいことがわかっているからです。

周りにいる人間をどう選ぶべきかしっかりと見直してみましょう。

どういう人間関係を築けばよいのかわからない人は、
誰を切って、何を残すべきなのかがわかっていないだけです。
デメリットのある人間を切るだけでもとてつもないメリットがあります。

人間関係は量ではなく、質です。
ファーストフート店でジャンクフードがたくさんあるからといって、
幸せにはならないのと全く一緒の理論です。

今回は周りにいる人間が及ぼす影響と、
どのような人間を構築していくとベストなのかを解説していきます。

目次
1:周囲にいる人による自分への影響
2:ネガティブな人が近くにいることによる影響
3:付き合いたくない人と付き合わなければならない時の対処法
4:どんな人間がもっとも影響を与えるのか
5:オススメの周りの人タイプ
6:まとめ

 

1:周囲にいる人による自分への影響

隣の人が仕事できる人だと、自分も仕事ができる人になることがわかっています。
もちろん逆も同じです。
つまり、隣の人が仕事できない人なら、仕事ができなくなってしまいます。

ここで言う仕事ができるかどうかは、
自力でタスクをこなすことも含まれているので、
生産性、集中力など総合的に影響してきます。

また、隣の人とは、同じタイプの人ではない方が、
より効果が出ます。

もし場所を選べるのであれば、
壁側だからここが良い!などと判断するのではなく、
隣の人間の質で場所を選んだほうが得になります。

また、嫌な人と付き合うと、ろくなことがありません。
それは、自分の時間をうばわれる上に、ネガティブは伝染するためです。

ネガティブな人と付き合うデメリットとなる部分は、
自分が受けたネガティブの発散先が
家族や大事な人へ向いてしまうことです。

ブラック企業などに心身共に疲労している人が
家族関係に支障をきたすのは、こういった要因が大きいです。


つまり、ネガティブな人と付き合うと、知らず知らずのうちにプライベートが崩壊します。
そのため、排除すべき対象となります。

排除するのが相手に悪いともし思うのであれば、

その人を連絡をブロックして、失礼被るのと、
家族に迷惑をかけることや、家族に当てられる時間を減らすことになり、残念な思いをさせてしまう

というのを天秤にかけてみよう。

多分、問答無用で排除ができることだろう。
ただ敵にすると厄介になることが多いので、ブロックもしくは、
自然消滅に持っていくと良いです。
面と向かって縁を切れる人ならそれでも良いです。

とは言っても、会社の同僚や上司などどうしても避けられない人はいると思います。
次章以降ではその対策を解説していきます。

2:ネガティブな人が近くにいることによる影響

ネチっぽい嫌な上司が嫌なことをされると、
あなたは家族や配偶者など身近な人に矛先が向いてしまいます。
現に、他人から敵意を向けられやすい仕事に付いている人(警察官など)はこのような影響を強く受けています。



このネガティブのパワーがどのくらい強力かと言うと、
1のネガティブに対して、7のポジティブでようやく同じになるレベルです。

他人のネガティブを受けると、

・脳の海馬、短期記憶、推論能力が下がります。
・2分だけネガティブを見るとすぐに感染します。

→ ネガティブな人間を見たらすぐに離れるべきです。
→ 週刊誌などのネガティブな記事を見るだけでストレスの原因であるコルチゾールが増加します。
  他人のゴシップや不幸を集めると自分を老化させているだけです。


ネガティブのパワーがどれほど強力なのかわかっていただけるでしょうか。

逆に、素敵な上司や人たちと付き合っていると、
自分が素敵な人になれるということもわかっています。
具体的には、表情や姿勢、声のトーン、喋り方などとても魅力的になります。

今一度、自分の環境を見直して、もし不満などネガティブな人ばかりの集団に所属しているのであれば、
一瞬でもいいから、他の環境を選択する勇気を持ってみると良いと思います。
きっと人生は変わります。

3:付き合いたくない人と付き合わなければならない時の対処法

結論から言うと、

①:ネガティブな人をリフレーミングする。
②:メタ認知を鍛える。

の2つです。


①ネガティブな人をリフレーミングする。
ネガティブな人の発言をポジティブに活かすには、
どうしたらよいだろうか?と
ネガティブをリフレーミングしてしまう。
リフレーミングに関しては普段から癖をつけておくと良いです。

②メタ認知を鍛える。
究極は他人事のように、感じられるくらいにするとベストです。
日々、瞑想をすることで鍛えられます。
瞑想初心者であれば、呼吸瞑想という呼吸に集中する瞑想から始めてみることをおすすめします。

次項では、周りの人影響を受けるランキングと、
作ると人生が楽しくなる、おすすめの周りのタイプを解説します。
続きを読むを押すと確認できます。

> 続きを読む 

関連記事

人前でアガらずに話すための準備+心理テクニック

スピーチの場、初対面の場、様々な場面で人前で話す機会があると思う。その中で、緊張してうまくいかなかったりすることはないだろうか。今回は、人前で緊張せずに話せるようになる方法を解説する 目次1:人前で緊 …

【人間心理】裏切る人と信頼できる人を見抜くコツ

信頼できる人がわからない、いない。信頼したいが、どうして良いかわからないという人は必見。様々な実験から信頼について解説していく   目次1:信頼の原理2:様々な実験3:まとめ 1:信頼の原理 …

カリスマになるためのトレーニング〜実は後天的に身につけられる

  初対面から得する人といえば、切っても切れない関係なものは、カリスマ性である。カリスマ性が高い人は、対人的魅力が高く、初対面でも以降でもかなり得する事がわかっている。カリスマ性と言うと、先 …

【心理学】楽に生きるための相手の心を読むトレーニング

皆さんは相手の思っていることがわからなくて苦労したり、 相手の求めている話をできなかったり、 大勢の場で何を発言したらわからず黙ってしまったり、 逆に、場違いな発言をして空気をぶち壊したことはあります …

知らないと損。集中力を高めるための8つのタイプ診断〜自分を知ることで能力を開花〜

なかなかやろうと思っていることが進まない、 集中力が持続しない、 やる気が湧かない。 などと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 そもそも集中力とは、1点の物事に高いレベルの意識で取り組む力。 集 …

-04:人間関係・コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA