04:人間関係・コミュニケーション

サイコパスに学ぶ最強のスルー技術〜これであなたも振り回されない〜

投稿日:2019年5月17日 更新日:

残念な人の一言や、イラっとする言動や行動に心揺さぶられることはないだろうか?

正直、無視しようとしていても、イラっとしている時点で相手の策略にハマってしまっている。
残念なことにそれによって脳のパフォーマンスを落としてしまっている。

今回はどうでも良いようなことにいちいち気をとられないように、
スルー技術を解説する

 

目次
1:サイコパスの特徴と活用すべき特性
2:サイコパスと仏教僧
3:実践編
4:まとめ

 

1:サイコパスの特徴と活用すべき特性

上記のような問題を、サイコパスの人間は完全にスルーすることができる
ただサイコパスというと特殊な人間は、やばい人のような感じはしてしまうが、
普通の人が、このサイコパスの人がやっているスルーの技術を使ってしまおうというのが今回の趣旨。
全部が全部サイコパスになる必要は全くない。


サイコパスの人間としての特徴は、

魅力的な人間である。
他人に流されない。
勇気があり決断がある。
口がうまい。
冷静に一歩引いて考えることができる
感情に執着がない
成功に縛られることはない。
仕事がなくなってもどうしようとも思わない。
怒りという感情を切り離すことができる
他人の目が気にならない
メンタルがタフ。

サイコパスは先天的な素質である。

昔は空気を読むことが有利とされていた時代だったが、
今はグローバル化が進んでおり、そもそも空気を読む必要がなくなってきている
ということは、流されず自分らしく行動できる、サイコパス的要素のある人間のほうが、どんどん活躍できていくことだろう。

ちなみに、社交性のあるサイコパスは最強の部類に位置する。

2:サイコパスと仏教僧

サイコパスの人間と仏教僧の特徴は似ている。

共通点としては、

合理的な思考をする。
今最高のパフォーマンスを発揮する
今この瞬間に集中する
目の前のことに集中して不安にならない
前頭葉のが活性化されている
不安がない・集中力が高い・報酬思考が高い


また他の仕事でいうと、
CEO、弁護士、芸能人、外科医はサイコパス的素質があると有利でもある。

3:実践編

先程あげた特性をトレーニングをつむことで、習得することは可能である。

理想の形としては、
何か言われたりやられたりしたとしても、
ダメージは、そよ風くらいで、君いたの?くらいの感覚に持っていくことができる。

空気を読まないほうが往々にしてうまくいくことが多い。
このようなスキルを身に着けれるように是非トレーニングしてみよう。

1,「単語をイメージして連想して行く自分を客観的に観察する」
ただただ、思いついた単語をスタートして、連想して想像していく自分を観察するだけ。
イメージとしてはマジカルバナナをテレビで見ているような感覚。
自分の視点ではなく、一歩引いた状態で見る能力がつく。


怒りという感情とも一緒である。
直接向き合ってはいけない。俯瞰的に観察するというのがスルースキルの必須行動である。

最初はネガティブなものから連想するのは控えたほうが良いだろう。

2,「タイガーマスク」

まずリラックスして、目を閉じる。
そしてトラかライオンを想像上でイメージする。
ただただトラを見続けるというもの。
刻々と移動したり変化するだろうが、ただただ見るということ。

これも俯瞰的に観察するスキルが身につく

3,「空想技法」
タイガーマスクより難しい。

一番最初にすごく幸せな場所をイメージする。
そこで好きなことをしていることを想像する。(主観視点)
次に視点を一歩退く。さっきまでやっていたことを他人がやっているイメージ。
そこから勝手に状況が自然に変わっていくことを観察する。

応用編としては、その観察している人を観察するとどんどん自分から切り離していくこと。
これが容易になると感情の切り離しも容易になってくる。



全体として、
感情というのはのようなものである。


空をただ横切っているし、止めることもできない。
ただ流れるというのも観察するしかない。
感情も自分で止めるということはできない。
ただただ俯瞰的に観察していることで過ぎ去るのを待つというのが理想形。
電車として例えるのであれば、
快速列車がホームを過ぎ去っていくのをただただ見ているというのに近いだろう。

4:まとめ



サイコパスの人間は、能力が高い。
それは、人に流されたりせず
集中力も高く、メンタルが強いからである。

一般的な人は、このサイコパス的な人の能力を習得することで、
どうでもよい周りの人の言動や行動にいちいち振り回されなくなることができる。

トレーニングとしては、
単語イメージ、タイガーマスク、空想技法がある。
日常に少しでも取り入れてみよう。

そうすることで感情と自分を切り離すことができ、
振り回されず、自分らしくいきいき生きれることだろう。



おすすめ記事

カリスマになるためのトレーニング〜実は後天的に身につけられる

やる気の出ない職場はエンゲージメントが原因だった!?部下をやる気にさせる方法

関連記事

新事実!他人を思い通りにコントロールする5つの心理学と7つの共有事項

皆さんは、他人にアドバイスをしても全く聞く耳も持ってもらえない、 なんてことはありますか? 今回は、他人をコントロールする方法を説明します 目次 1:他人をコントロールするのが難しい理由 2:他人の悪 …

コミュ力向上!ドギマギしなくなる会話術

初対面の時や人前で話すのが苦手だという人は多いのではないだろうか。そんな心配ご無用。実は、誰でも対話不安をなくすことで、コミュ力を高められることわかっている。以降は、コミュ力を高めるための方法を解説し …

満員電車は戦場の機動隊以上のストレスがかかる!?健康に生きるための6つのこと

ストレスがたまっている、 不健康な生活を送っている、 健康になりたいが何していいのか分からない、 などと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。   自分の体というのは、一生乗り続ける取り替 …

【人間心理】裏切る人と信頼できる人を見抜くコツ

信頼できる人がわからない、いない。信頼したいが、どうして良いかわからないという人は必見。様々な実験から信頼について解説していく   目次1:信頼の原理2:様々な実験3:まとめ 1:信頼の原理 …

内向的人間の真骨頂〜むしろ成功しやすい〜

内向的な人は成功できないとお思いだろうか? 実はそんなことは一切ない。 内向的人間の方がポテンシャルが高いことがわかっている。使い方を理解できていないだけである。内向的人間に外向的要素を習得するだけで …

-04:人間関係・コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA