02:ストレス対策・メンタル改善

ネガティブは強みになる〜無理にポジティブになる必要はない〜

投稿日:2019年5月15日 更新日:

何事もポジティブな方が良いと解釈し、ポジティブになれなくて困っている人はいないだろうか。

実はネガティブにも良い性質がある。
今回は成功するための2つの行動パターンを紹介し、
ネガティブでもうまく行く戦略があることを解説していく。

 

目次
1:ネガティブな人の特徴
2:人間が成功するためのルート2つ
3:ダーツ投げの実験
4:まとめ

 

1:ネガティブな人の特徴

ネガティブな人が無理にポジティブになろうとして失敗している人はいないだろうか。
ネガティブと言うとマイナスなイメージを持つかもしれないが


実はそうではない。

ネガティブ思考の方が成功しやすいと言われている。
それは注意力や、集中力が高いといった特徴があるからである

そのため、この特性の使い方をマスターすると成功に近くと言える。

 

2:人間が成功するためのルート2つ

それは、

DP(Defensice pessimism)と、
SO(Strategic optimism)

という考え方である。

DPは、防衛的ペシミストであり、
要は、今はうまくいったが次は失敗するかも」と悲観的に思考する人である。

特徴としては、事前準備に力を注ぐことで、他人よりも物事の成功率を高めることができる。
トライアンドエラーで突き進んで行くと、心に傷がつくタイプでもある。

SOは、戦略的オプティミストであり、要は、「今までうまくいったから次もいけるでしょ!」と楽観的に思考する人である。


特徴としては、ものすごい数を行動し、トライアンドエラーをどんどん繰り返し成長してくタイプ。手数が多いのが特徴である。

これらの特徴は遺伝子で決まると言われており、
日本人の場合はほとんどDPに当てはまる。

これらの特徴からどう行動すべきか見えてくるだろう。

DPの場合は、不安感や緊張感がDPの特徴を強くするので、
本番直前にリラックスしてしまうと、結果が悪くなる傾向がある。
適度な緊張感を保つ必要がある。

 

3:ダーツ投げの実験

ダーツ投げをする実験にて、
事前に失敗をイメージした人は、

DPの場合は34%も結果が上昇するのに対し、
SOの人は結果が落ちることがわかった。

逆に、
事前に成功をイメージした人は、

DPの場合は、成績が落ちることに対し、
SOの人は成績が上がることがわかった。

 

4:まとめ

成功するべきための思考として、

DP(防衛的ペシミスト)と
SO(戦略的オプティミスト)の2つの方法がある。


前者はネガティブに物事を進めて行くことで、力を発揮し、
後者は、楽観的に物事を進めて行くことで力を発揮する。

今までの自身の傾向から自分のタイプを見てみよう。
日本人のほとんどはDPなので、こちらでの行動パターンの方がうまく行くことが多いだろう。



 

 

関連記事

芸人オリラジが凄い!『中田式 ウルトラ・メンタル教本』を読んでみた感想まとめ。ネタバレあり。

最近はYoutuberとして登録者数100万人超えをし、大活躍をしているあっちゃんこと中田敦彦さん。 そんな方が2019年9月に「中田式 ウルトラ・メンタル教本」を出版。 読んでみて個人的に気になった …

【即効果あり】気にしすぎ・不安・イライラ撃退の7つの方法

挑戦するのに不安が押しのせて行動ができなかったり、 行動してみたもののいろんなところが気になりすぎて不安になったり、 心配性や気にしすぎの方は役に立つ記事です。   上記のことは大体、視野が …

【簡単】イライラ・モヤモヤの不安を解消する方法

不安を感じた時に簡単に解消する方法をお伝えします。 これでぐるぐると同じことを考え続ける無駄な時間が無くなります。   目次 1:不安を解消する考え方 2:まとめ 1:不安を解消する考え方 …

【女性は簡単】印象を操作し人間関係を良くする方法4つ

第一印象を良くしたい いつも印象が悪いと思われがち 印象良くしたくても何をしたら良いのかわからない この方に役立つ記事です。   印象を良くするだけでも人間関係が良好になります。 ぜひトライ …

【脱フュージョン】今すぐネガティブ感情に振り回されない2つのワーク

  ・ネガティブ感情にとらわれてしまう人 ・感情的に行動してしまい後悔してしまう人 ・感情に左右されずに、本当にやりたいことをやりたい人 必見の内容です^^   仕事や人間関係など …

-02:ストレス対策・メンタル改善

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA