05:目標達成

人生に迷いがなくなる4つの心理テクニック〜就活・受験・キャリア・転職幅広く対応〜

投稿日:

失敗をして自分に自信がなくなったり、

自分の行動に自信をもてなかったり、

頑張っているはずなのに空回りしてしまったり、

何をしていいのか分からないなど

 

迷っている方におすすめの、

迷いがなくなる4つの心理テクニックを紹介します

 

目次

1:迷うとはどういう状況か?

2:心理テク① WhyよりもWhatにフォーカス

3:心理テク② 1日チェック法

4:心理テク③ 対比から学ぶ

5:心理テク④ ありとあらゆる人からフィードバックをもらう

1:迷うとはどういう状況か?

迷っている心理面としては、

自分がどういう人間で、どういうことをしたいのかが明確ではない。

何が苦手で何が得意なのかを理解していない。

ということである。

 

逆に、迷っていない人間は

自分はOOな人間で、OOをするのが得意。

しかし、OOをするのが苦手とわかっていれば、簡単に行動の取捨選択ができ

やるべきことが明確かつ、迷いがなくなるのがわかるだろう。

 

迷いをなくすために自分をしっかり理解することを行う必要がある。

以下の4つの心理テクを使って自分をしっかり理解してみよう!

 

2:心理テク① WhyよりもWhatにフォーカス

なぜこういうことをしたんだろうと原因追求する人は自分を知るためには不適切。

もちろん、”なぜ”が有効な場合もあるが、なぜばかり意識していると、

なぜこんなことも出来ないんだろうと自己嫌悪に陥ってしまう可能性が高い

 

なのでやるべきことは、

”なぜ”よりも、”何 ”を意識すること。


具体的には

なぜ今の状況になっているんだろう? ではなく、

何が自分を今の状況に陥れているんだろう と考える。

 

こうすることで、対策すべき具体的な行動が見えてくる。

ここからわかることはwhyは抽象的で、whtatは具体的であるということ。

 

原因よりも具体的な解決にフォーカスしたほうが、迷いもなくなり、

目標達成率もぐんと上がる。

達成率を記録し続けるとモチベーションも湧いてくるので尚良い。

 

続きを読むを押すと、
迷いがなくなる効果的な心理テク②〜④を確認できます。

> 続きを読む 

関連記事

【新事実】引き寄せの法則は嘘だった!?本当の正しい使い方

望めば望むほど叶うという引き寄せの法則。 実は最近の研究結果から嘘であるということがわかった。   引き寄せの法則ではなくとも、 目標や夢を叶えるには正しい方法があります。   で …

【最新研究】将来年収が低くなるor高くなる子育て

子育ての際に、 将来の年収が低くなる特徴と 高くなる子育てと、 年収を高くするための方法 ついて解説していきます。   目次 1:年収が低い人の特徴 2:年収が高い人の特徴 3:年収が高くな …

新年の抱負を達成するための15の方法

新年早々、抱負を立てて達成できていないという人はいないだろうか?もしくは抱負すら忘れている人はいないだろうか?新年となると、何か特別なことと強くイメージして、何か強くなったと思ってしまう。実はただ日付 …

【実践】ダイゴさんの「人生を変える記録の力」を実践した効果を紹介

  ニコニコ動画やYoutubeなど様々な場面で活躍しているダイゴさん。 その方の本で見て、個人的に気になった3つのポイントと実体験をシェアします。   目次: 1:本書の概要 2 …

5分でわかる要約。完訳 7つの習慣~人格主義の回復~

タイトル:完訳 7つの習慣 人格主義の回復 著者:スティーブン・R・コヴィー 著 目次 1:個人主義と人格主義 2:私的成功の習慣 2.1:第1の習慣 主体的である 2.2:第2の習慣 終わりを思い描 …

-05:目標達成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA