05:目標達成

【やりがちな罠】6つのやる意味がない自己啓発、残念な思考とは?

投稿日:

自分をもっと成長したい!

自己啓発セミナーにも行ってみたい/行っている。

目標達成したい!

 

そう思って行動している方は向上心があって、とても素晴らしいと思います。

ですが、そこには成功から遠ざかる大きな落とし穴が6つあることが、

論文研究によって判明しています。

これから当てはまっていないかぜひとも確認してみましょう!

 

目次

1:成功から遠ざかる6つの落とし穴

2:理由と具体例

3:まとめ

1:成功から遠ざかる6つの落とし穴

結論から言うと、

1:ポジティブビジュアライゼーションをしてしまう

2:誰かの頼みを聞いて好かれようとする

3:ネガティブ思考を抑える

4:問題を友達と分かち合う

5:弱点を隠すこと

6:買い物でストレス解消させようとする

です。

 

一つずつ解説していきます。

 

2:理由と具体例

1:ポジティブビジュアライゼーションをしてしまう

ポジティブビジュアライゼーションとは、ポジティブな自分未来を想像するということです。

例えば、

年収1000万になっている未来や、研ぎ澄まされた肉体になっている未来。など

 

なぜこれがいけないのかと言うと、

人間の脳には、未来を鮮明にイメージすることによって、

達成感を味わい、やる気がわかなくなってしまうからです。

今からやろうと思っても、既に満足して達成感を味わいやる気が無ければ、

ゴールに到達できません。

 

オススメの行動は?

・未来を予測し、紙に書き出すこと。

・目標は低めに設定すること

・目標を設定したら忘れて目の前のことに没頭する

です。


筋トレを例に出すのであれば、

体脂肪率を10%を最終目標と掲げるのであれば、まず6ヶ月で到達することを目標とする。

1ヶ月ごとに1%落としていくステップとし、具体的にやること(食事制限・運動法)を決める。

目標を一旦忘れて目の前の行動に没頭。あとは週や月単位で状況を確認し、軌道を修正すればOK!

と言った感じです。

 

 

2:誰かの頼みを聞いて好かれようとする

意外かもしれませんが、

人間の脳の仕組み上、

頼みを聞くよりも、頼みをするほうが人に好かれることがわかっています。

 

仮に人に頼んで、断られたとしても、

「ごめん、忙しいよね!ありがとう」と爽やかに引けばノーダメージである。

頼まないほうが損であるとも言える。

 

逆に頼み込まれている人は、いいように扱われているかもしれない。

何となく頼みやすいからという理由であなたに集中しているだけかもしれません。

そんなときは”頼み返し”してみよう!

いいように扱われている場合は、これによって頼むことをやめてくるので、

意図が判別できます(笑)。

変な頼み事をされなくなるし、自分の頼み事も進むので一石二鳥ですね!

 

3:ネガティブ思考を抑える

ネガティブ思考というのは抑えるものではありません。

無理にネガティブ思考をやめようとすると病みます

 

ネガティブ思考は誰しも必ず湧いてくるものです。

ここでやるべきことは、

ネガティブ思考になっても力を発揮できるように”事前に準備・練習ををしておく”のが正解です。

 

具体的に言うと、

明日本番だなぁ。嫌だなぁではなく、

不安になるのはしょうがない、不安の中でもパフォーマンスが発揮できる方法を練っておくか

が正しいです。

続きを読むを押すと、
知らないと損する、やりがちな罠の3つを確認できます。

> 続きを読む 

関連記事

やってはいけない集中力が激減すること/高い集中力を身につける5つの方法

仕事やプライベートでも、没頭しきれずに注意がそれてしまうことは多くありませんか? おもったよりも作業が進まない等の経験はありませんか?   今回は、注意力散漫を防ぎ高い集中力を身につける方法 …

5分でわかる要約。完訳 7つの習慣~人格主義の回復~

タイトル:完訳 7つの習慣 人格主義の回復 著者:スティーブン・R・コヴィー 著 目次 1:個人主義と人格主義 2:私的成功の習慣 2.1:第1の習慣 主体的である 2.2:第2の習慣 終わりを思い描 …

【新事実】引き寄せの法則は嘘だった!?本当の正しい使い方

望めば望むほど叶うという引き寄せの法則。 実は最近の研究結果から嘘であるということがわかった。   引き寄せの法則ではなくとも、 目標や夢を叶えるには正しい方法があります。   で …

挫折する原因は自己嫌悪だった!?簡単に挫折しない力をつける7つの習慣

習慣が途切れる挫折するタイミングはいつだと思うだろうか? 実は、自分を責めるときである。 具体的には、その習慣を実行できなかった時に、 ああ、やってしまったと感じてしまうことである。 今回は、このよう …

ミランダ・カーも実践しているマインドフルネスでイライラ不安からおさらば

ミランダ・カーも実践しているマインドフルネスについて、 筆者が半年間実践していった経験を活かして、 具体的なやり方や、感じた効果について記載していきます。   目次 1:マインドフルネスとは …

-05:目標達成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA